できるだけがんばらないひとりたび

旅が苦手なひとのための旅の情報サイト

JRのきっぷをネットで買う場合、結局どこで買えばいいのかまとめてみました

JRのきっぷをネットで買う場合、えきねっととかe5489とかいっぱいあって、かつ受け取りできる駅が違ってたり、一部にはチケットレスのサービスがあったり、結局、どこできっぷを買えばいいのかよくわからなくなったのでまとめてみました。

 

結論としては、チケットレスがあるならチケットレスサービスを使い、チケットレスがない場合は、JR東日本の駅で受け取る予定ならえきねっとJR西日本の駅で受け取る予定ならe5489ということになります。

 

 

東海道・山陽新幹線→スマートEX

東海道・山陽新幹線チケットレスで乗れるサービスが、スマートEXです。

「スマートEX」気軽にネット予約で新幹線を利用するなら!

 

メリット

  • 乗車券とセットなので完全チケットレスで乗れます
  • 乗車変更も、新幹線改札でぴっとする前まで、何度でも無料でできます

デメリット

  • 乗車券とセットなので、在来線に乗り継ぐ場合は、新幹線エリアと在来線エリアで乗車券を別々に買うことになるため、料金が割高になる可能性がちょっとだけあります。ただ、その分も見越してちょっとだけ割安な料金設定になっています。

 

以下の記事はちょっと古いので、改善されてる点があるかもしれないです。

www.dekirutabi.tokyo

 

2022年春に、JR九州エリアまでスマートEXで買えるようになるらしいです。

EXサービスの九州新幹線へのサービスエリア延伸について:JR西日本

 

もうすべてのきっぷがスマートEXで買えればいいのに……と思うのですがそうなっていません。順番にまとめます。

 

JR東日本・北海道エリアできっぷを受け取る→えきねっと

JR東日本エリアから乗車する場合は、「えきねっと」できっぷを予約します。

チケットレスで乗れるサービスがいくつかあります。

えきねっと(JR東日本)|トップ:新幹線・JR特急列車の予約 東日本のツアー 駅レンタカー申込

 

JR東日本エリアの新幹線→新幹線eチケットサービス

JR東日本エリアの新幹線に、チケットレスで乗れるサービスです。

JR東日本エリアの新幹線とはこちら。

 

きっぷの受け取りが不要なので、JR東日本以外の駅から乗車する場合にも使えます。

 

「タッチでGo!新幹線」なるサービスもありますが、通勤で新幹線を利用する人向けです

JR東日本エリアの新幹線では、「タッチでGo!新幹線」という、Suicaを事前に登録しておくだけで、「チケットを買わずに」新幹線改札が通れてそのまま自由席に乗れるサービスもあります。

ただ、対象エリアがかなり限定的なので、主に通勤などで日常的に新幹線を利用する人向けなのかなと思います。一般旅行者は普通に新幹線eチケットサービスで予約すればよし。

f:id:tamura38:20220205173526p:plain

「タッチでGo!新幹線」の対象エリアはこちら。

詳細はこちら

「タッチでGo!新幹線」とは | タッチでGo!新幹線:JR東日本

JR東日本エリアの一部の在来線特急→えきねっとチケットレスサービス

JR東日本エリアの在来線特急とは以下です。

 

きっぷを受け取らず、SuicaモバイルSuicaで乗ることができます。

JR東日本エリア以外へ乗り継ぐ場合は、Suicaが使用できないので乗車券を別で買う必要のある場合があります。熱海から先、三島とか沼津とかの東海エリアへ行こうと思っている人は注意してください。

 

それ以外の全国の新幹線・特急券→ただのえきねっと(ただし受取りできる駅に注意!)

えきねっとでは、全国の新幹線、特急列車の予約ができます。

ただし、JR東日本・北海道エリアの自動券売機できっぷを受け取る必要あり。受け取りのできない駅も多いので注意が必要です。

f:id:tamura38:20220123114647p:plain

受け取りできる駅はこちら

 

受け取りできない駅はこちら

 

例えば新大阪→博多などのJR西日本エリアのきっぷも、えきねっとで普通に予約できちゃうんですが、新大阪駅での受け取りはできず、大抵の場合詰んでしまうので注意。JR東日本エリアの駅から出発するのでない限り、えきねっとで予約しない方が安全です。

 

f:id:tamura38:20220123115311p:plain

こういう注意事項が出てきたら、やめておくのが安心。先に「○」と書いてあるので正常性バイアスがかかって「大丈夫なのかな」と思ってしまうんですが、ダメな場合が多いです。「×」を大きく書いておいてほしい。

 

私が遭遇した例ですが、富山→高山の特急券えきねっと予約して、JR西日本北陸エリアである富山駅で受け取ろうとしたら、富山→高山にはJR東海エリアが含まれるので受け取りができませんでした。払い戻しをするにはJR東日本に電話するしかなく、しかも電話口で「注意事項をちゃんと読みましたか?」と怒られるので注意してください。

 

詳細はこちら

紙きっぷのお受取り/乗車方法|JRきっぷ ご利用ガイド:えきねっと(JR東日本)

 

JR西日本・四国・九州・東海エリアできっぷを受け取る→e5489

JR西日本エリアから乗車する場合は、「e5489」を利用します。

こちらもチケットレスサービスがいくつかあります。

e5489トップメニュー 列車 予約・空席照会 | e5489 JR西日本

 

北陸新幹線→新幹線eチケットサービス

e5489にも新幹線eチケットサービスがありますが、北陸新幹線のみです。北陸新幹線はえきねっとでも問題なく買えるので、どちらを利用しても良いです。

 

JR西日本JR四国エリアの一部の在来線特急→チケットレス特急券

新幹線以外の在来線特急も、e5489から「チケットレス特急券」が購入できます。

e5489の「J-WESTチケットレス」というメニューからでは、JR西日本エリアしか買えないのですが、普通に特急サンダーバードの大阪-金沢など、北陸エリアを含む特急券も買えます(謎)。

詳しくはこちらを。

www.dekirutabi.tokyo

 

それ以外のJR西日本・四国・九州・東海の新幹線・特急券→ただのe5489(ただし受取りできる駅に注意!)

e5489では、JR西日本・四国・九州・東海エリアのきっぷ、および北陸新幹線東海道新幹線、一部の上越新幹線東北新幹線のきっぷが予約できます。

受け取りは基本的にJR西日本・四国・九州エリア、JR東海のきっぷはJR東海エリア、と考えておいた方が良さそうです。

ややこしいのでチケットレスで買えるものはチケットレスで買っておきましょう。

f:id:tamura38:20220123121354p:plain

 

都内の駅でも「e5489」の表示がある券売機を見かけるようになったので、へー便利になったなと思っていたのですが、都内のe5489の券売機では、東海エリアを含む切符の受け取りができません。つまり、東京→博多の切符は受け取りできず、新大阪→博多の切符は受け取りできるということになります。余計ややこしくなっただけなんじゃ……。

 

詳細はこちら

お受け取り方法│e5489ご利用ガイド:JRおでかけネット

 

サンライズ出雲・瀬戸→e5489(ただし受取方法に超注意!!)

えきねっとでは全国の新幹線・特急券の予約ができるのですが、寝台券の予約ができません。

そのためサンライズ出雲・瀬戸の予約をする場合はみどりの窓口に足を運ばないといけないのですが、JR西日本の「e5489」ならネット予約ができます。

 

ただし、JR東海のエリアを含むので、都内で受け取る場合は東京駅・品川駅のJR東海の窓口または券売機でのみ可能なので、とても注意が必要です。

 

f:id:tamura38:20220123145037p:image

たとえば東京駅の受け取り箇所こちら。わざわざ改札の外に一度出なければいけないです。

受取箇所|JR乗車票の受取箇所・受取方法|新幹線のお得なツアーはJR東海ツアーズ

 

でもサンライズは人気があるため、発売日にネット予約ができるのは普通に便利なのでこれは覚えておこうと思い書きました。

サンライズ瀬戸・出雲 予約:JRおでかけネット

 

九州・山陽新幹線と、JR九州特急券JR九州インターネット予約

JR九州のきっぷはe5489でも買えるんですけど、JR九州JR九州でインターネット予約できるようになってます。(ややこしい)

e5489とどう違うのか?という話ですが、お得な割引運賃があるっぽいので、JR九州のきっぷを買うなら「JR九州インターネット予約」を使うのがいいかもしれないです。

ネット予約

 

f:id:tamura38:20220123123858g:plain

九州・山陽新幹線と、JR九州JR西日本の特急列車のきっぷが買える。JR東海JR四国特急券は買えない。

便利なサービス | インターネット予約のご案内 | 駅・きっぷ・列車予約 | JR九州

 

お得なきっぷの詳細はこちら

ネット限定きっぷ | 駅・きっぷ・列車予約 | JR九州

 

JR九州にはチケットレスサービスはありません。

JR九州インターネット予約サービスは、一番UIがわかりやすい…と個人的には思うので、九州旅行の際限定にはなりますが使ってもいいかも、ぐらいです。

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0