旅のサブスク「HafH」は、「できるだけがんばらない旅」に案外向いてるサービスです

最近は、一人旅の宿泊先選びの際はもっぱら旅のサブスクサービス「HafH(ハフ)」を使っています。サブスクといいながらも1泊からでも気軽に使えて、常に定額でホテルに泊まれるところがよく、「できるだけがんばらない」派には実は向いてるサービスかもしれないなぁと思ったので、紹介します。

 

このリンクから会員登録すると「コイン」がもらえてお得なのでぜひどうぞ。

招待用URLから会員登録して、HafHコインをゲット!

 

f:id:tamura38:20210118121425j:plain

写真はHafHで泊まれる沖縄のおしゃれゲストハウス

「泊まり放題」のサービスとは違って、都度利用に近い形で利用できます

「HafH(ハフ)」は、毎月一定額を支払って利用するタイプの、ホテルの宿泊予約サイトです。

 

「旅のサブスク」を謳っており、他には「ADDress」とか「goodroomホテルパス」とかが比較されることが多いです。(他にもいろいろあるが)

私は1年半ぐらいADDressの会員でしたし、goodroomホテルパスは仕事で関わりがあったりするんですが、こうした「泊まり放題」を謳っているサービスの場合、

 

  • 1ヶ月、使っても使わなくても定額(なので、得にもなるし損にもなる)
  • 長期契約が基本で、気が向いたときに退会しづらい

 

というのがほとんどでして、それは旅に限らず「サブスク」を謳うサービスには共通のメリットでもありデメリットでもあります。定額を毎月払う、その代わりに安く提供してもらえる、ということですよね。

 

HafHも「旅のサブスク」を謳っているので同様なのかな?と思いますが、実は結構違っていて、HafHの場合、実は「1泊から」でも使えちゃうんです。

 

  • プランが複数あって、月に1泊、3泊、5泊、10泊、制限なしから選べる
  • しかも、「今月もっと泊まろ」と思ったらすぐに増やせるし、「来月あんまり泊まらなさそうだな」と思ったら来月のプランを減らせる。
  • 休会もできるし、休会からの復活もすぐできる

 

という感じなので、「ホテル予約しよー、あ、HafHで泊まれそうなホテルが3泊分ぐらいあるな、じゃプランを3泊にしよー」って感じで、都度利用に近い形でも使えちゃうです。慣れれば「じゃらん」や「楽天トラベル」を使うのと何も変わりません。

 

ただし、月の途中で「宿泊数を減らす」のは無理。休会や、宿泊数の少ないプランに変えられるのは翌月のプランからです。

でも、「5泊のプランで登録したけど余らせてしまった…」という場合も、そのまま損してしまうわけではなく、「コイン」に変換ができるので、ほぼ損はしない仕組み。便利です。

 

ホテル選びにかかるストレスがかなり減ります

私は

  • 1ヶ月、HafHを使って生活した
  • 1ヶ月、楽天じゃらんで自由にホテルを選んで生活した

両方のパターンの経験があるのですが、結論からいうと、HafHの方が俄然ストレスが少ないです。

理由は、ホテル選びにかかるストレスも時間もかなり減らせるから。

 

加盟のホテル、ゲストハウスが厳選されている

HafHの場合は、プランにもよりますが「大体1泊3,000円ぐらい」で泊まれます。

コインを使用するとアップグレードもできますが、基本はゲストハウスのドミトリールームです。

1泊3,000円ぐらいのドミトリーを楽天トラベルやじゃらんで探すのは、結構骨が折れます。このぐらいの価格帯のホテルやゲストハウスって、ちょっと本当に残念な感じのところが山ほどあって、そこからまともなところを探し出すのがめちゃくちゃ大変だからです。

その点HafHは、ホテルやゲストハウスにHafHのスタッフの方が実際に赴いて審査した上で加盟されているので、「かなりまとも」なところが揃っているのです。

 

泊まってよかったHafHのゲストハウスまとめはまた別でやりますが今までに紹介したところだとこんな感じ。

www.dekirutabi.tokyo

www.dekirutabi.tokyo

www.dekirutabi.tokyo

www.dekirutabi.tokyo

 

季節によって値段が変わったりしない

ホテルって、宿泊の予約が多そうなシーズンや週末は基本宿泊費が高くて、閑散期は安いですよね。そんなことまで考えて少しでも「お得」にプランを練ろうと思ったりし始めると大変です。

そういうのが好きなんだという方はともかく、できるだけがんばらない派としてはなるべくホテルはいつも定額であってほしい。

HafHはまさに、「いつも泊まる値段が変わらないじゃらん楽天トラベル」なのですよね。

いつも定額であることで、「今安いから行こう」とかじゃなくて、行きたい時に行きたいところに行ける。それだけで旅が楽しくなったりもします。

 

選択肢に限りがあるから、逆に旅のプランを考えるのが楽になる

楽天じゃらんからホテルを選んで旅をすると、日本中のありとあらゆるところにあるありとあらゆるホテルが選択肢に入ってくるので、そこから最適なプランを考えるのは何百パターンもあって結構大変です。

HafHの場合は、47都道府県全てに基本的にホテルがあって泊まれるのですが、数は限られているので、旅のプランが自ずと絞られていくわけです。初めから選択肢が少ないから悩まなくていい、というのもできるだけがんばらない派にはぴったりです。

逆に、ここからここへ移動するときにこんなところにもホテルがあるのか、じゃあ泊まってみよう、というような感じで知らなかった街に泊まってみたりすることもあります。

 

こんな使い方もできるぞ

HafHに登録されているゲストハウスは、基本的には、今っぽいおしゃれなドミトリーで共有スペースでワイワイ過ごして旅の仲間と出会うみたいなタイプが多いんですが、コミュニケーションが苦手でコロナもあるしできれば一人で過ごしたいという私のようなタイプでも安心の「いつでも定額の楽天トラベル、じゃらん」としての使い方をちょっとまとめておきます。

コインをとにかくいっぱい集めるのだ

HafHの予約には、毎月プランに応じて付与される「コイン」を使います。ドミトリーだと必要コイン数は50コイン。150コインぐらいで個室に泊まれるホテルも結構あります。

  • 拍数の多いプランを契約する
  • プランの有料会員を連続3ヶ月以上続ける
  • コインキャンペーンの条件をクリアする
  • 友達を招待する

などによってボーナス的なコインがもらえるので、地道に増やすと、普通にホテルの個室に泊まれるのでかなりお得です。

また、使わなかった泊数をコインに変換することも可能。

例えば3泊プランを契約して使わない2泊分はコインにして1泊贅沢なところに泊まる、みたいなこともできます。

 

意外とチェーン系のホテルも登録されてるぞ

個性的なおしゃれゲストハウスだけでなく、実はチェーン系のカプセルホテルやビジネスホテルも結構登録されているので、それをメインで使うという手もあります。

など。

 

ついでですので、HafHでのホテル検索の仕方のちょっとしたTIPSを紹介しておきます。(知らないと検索しづらい)

 

  • 検索欄には基本的に都道府県名を入れます。「東京都」「神奈川県」など、「都」「県」の部分まで入れないと検索引っかからないので注意!
  • 検索結果は地図表示されるんだけど、24件までしか表示されないので、本当はもっとある場合もあります(「東京都」で検索していてこのことに気づかず、たくさんのホテルを見逃していました)
  • 検索は「サジェスト」に出てくるワードを入れないと検索できないので、例えば「コンフォートホテル 福岡」など、一般的な検索方法ではヒットしないです。でも実は「コンフォートホテル博多」が存在する……ここ泊まりたいんだけどあるかな?て思ったら正式名称で検索しましょう。

 

f:id:tamura38:20220113192559p:plain

この地図表示が「人気順24件まで」に制限がかかってることに長い間気づきませんでした……順番を変えたり、下の矢印で25番目以降を表示することで、さらにホテルが出てきます

 

なんだかんだですごく一人旅のストレスを減らしてくれるサービス「HafH」、なかなかおもしろいので「できるだけがんばらない派」の方はぜひ試してみてください。

 

このリンクから会員登録すると「コイン」がもらえてお得なのでぜひどうぞ。

招待用URLから会員登録して、HafHコインをゲット!

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0