なぜかほっとする城下町・唐津の綺麗なホテル&ドミトリー Hotel Karae 宿泊記

#また泊まりたいゲストハウス Vol.2
Hotel Karae は、佐賀県唐津市唐津駅前にある、2019年オープンの綺麗なホテル&ドミトリー。なぜかほっとする城下町、唐津の商店街の中にあり、ワーケーションにもおすすめです。

 

f:id:tamura38:20200722185806j:plain

 

福岡から地下鉄空港線乗換なしで90分。バスも便利です。

Hotel Karaeがあるのは佐賀の海沿いの城下町、唐津です。

佐賀県なのですが、福岡市内からのアクセスがめちゃくちゃいいです。なんと、福岡空港博多駅天神駅から、「地下鉄空港線」に乗れば、JRに乗り入れしている便ならそのまま乗換ナシで着くのです。

それに、座ったままぼーっとしてれば到着する高速バスも便利です。

地下鉄の場合もバスの場合も所要時間は唐津まで約90分。値段も1,000円チョイと大変便利。uzuhouse同様、福岡で仕事がある時にそのままワーケーション先として選びたい距離感です。

Karaeはバスターミナルと駅とのちょうど中間地点にありどちらからも歩いて5分以内という利便性の良さです。

 

駐車場はないですが、バイクは駅前駐輪場(無料、屋根あり)に停められました

建物に駐車場はないので車は近隣のコインパーキング(1日500円)へ。

バイクの場合は、駅前の高架下に駐輪場があり、わずかですがバイクも停められました。高架下なので一応屋根付きで、料金は不要です。

 

f:id:tamura38:20201223163530j:plain

唐津ユネスコ無形文化遺産に登録された「唐津くんち」の曳山推しで、お土産も曳山関連だらけです。実物が展示館で見られるのですが、想像以上にかわいいのでぜひ行ってみてください。

2019年オープンの複合施設「KARAE」。建物も新しくてめちゃくちゃおしゃれです。

ホテルの入居する複合施設「KARAE」は、その昔、町人街だった風情ある路地が魅力の商店街の真ん中に位置しています。2019年にオープンしたばかりの、めちゃくちゃおしゃれな3階建ての建物で、ホテルの他に、映画館、カフェ、アンテナショップ、コワーキングスペースなどが入居しており、どれも最高におしゃれです。

 

f:id:tamura38:20201223171447j:plain

KARAEの1階入り口。おしゃれです。奥に、アンテナショップと映画館があります。

f:id:tamura38:20201223164151j:plain

1階の路地に面したカフェ。

f:id:tamura38:20201224135943j:plain

「デリプレート」などのいまどきなランチや、パンケーキなどのいまどきなスイーツがいただけます。もちろんコーヒーも美味しい。

f:id:tamura38:20200721185634j:plain

1階にはおしゃれな中華屋さんもあって、ここも1,000円ランチがなかなか素敵な内容でおすすめ。

f:id:tamura38:20200722152023j:plain

2階にはコワーキングスペースがあります。ADDressだと、このコワーキングスペースも無料で利用できることになってました。HafHの場合は別途料金が必要(1日3,000円〜)

f:id:tamura38:20200722165457j:plain

ここのコワーキングスペース、キッチンが大充実しているんです。ADDress利用の場合はここを使って自炊できます。ただ、利用は18時までですが。

ホテルの共用スペースもガチおしゃれですが、設備面など充実はしていないので注意。ですが、ガチおしゃれです。

Hotel Karaeは、基本は個室がメインのホテルで、ドミトリーは女性用と男性用がそれぞれ1部屋ずつです。唐津の中でたぶん一番最近オープンしたホテルのためか、かなり人気です。

個室がメインのホテルなので、共用スペースはあまり充実してません。キッチンもないし、電源完備のコワーキングスペースや、テレビのあるリビングスペースのようなところもありません。

レセプション前の共有スペースを使うことになるのですが、ガチおしゃれな空間なので、合うか合わないかはあるかもしれない。

f:id:tamura38:20200722185806j:plain

レセプションはこちらです。おしゃれすぎる。

f:id:tamura38:20200721180328j:plain

ガチおしゃれな共有スペースがあります。ドミトリー利用の場合は飲食などもここですることになります。おしゃれすぎるのと開放的すぎて若干落ち着かない面はあります。

f:id:tamura38:20200722185815j:plain

でも慣れてきてからはここでほぼ1日中仕事してました。何もない&人の流れがまぁまぁあるのが逆に集中できるかもしれない。一応電源が机の下にあるのですが、コンセントの形状が合わず使えなかったので、充電する時はソファ席横の電源を使ってました。

f:id:tamura38:20200721180308j:plain

ランドリースペースはちゃんとレセプションフロア内にあるので安心です。一応、電子レンジと冷蔵庫もあります。

f:id:tamura38:20200721180318j:plain

自動販売機、電気ポットもあります。が、カトラリーがなくコップも小さい紙コップのみ。テイクアウトする際はお箸のもらい忘れに注意。

ドミトリーなのに、まさかのセミダブル。フカフカのベッドです。

f:id:tamura38:20200721175830j:plain

個室がメインのホテルで、ドミトリーは女性用と男性用が1部屋ずつです。女性用はこちら。

f:id:tamura38:20200721175839j:plain

ドミトリーなのに、なんとベッドがセミダブルサイズです。これはかなり嬉しいです。

f:id:tamura38:20200721180110j:plain

マットレスもめちゃくちゃいいやつ。寝心地最高。

f:id:tamura38:20200721180054j:plain

タオルやパジャマ、歯ブラシ、スリッパなどのアメニティ一式もついてきます。タオル、パジャマは毎日交換してもらえます。

f:id:tamura38:20200721175911j:plain

電源と鍵のかかるセキュリティボックス。セキュリティボックスはかなり小さめ。

f:id:tamura38:20200721175953j:plain

ドミトリールームの中に、共用のトイレ、シャワー、洗面所がある、ちょっと変わった構造です。シャワーは1個だけなので、満室(8名)だったりした場合は順番待ちが発生するかもしれない。また、すぐ隣がベッドスペースなので音に気を遣います。

f:id:tamura38:20200721180013j:plain

シャワーもトイレも新しくて綺麗なのは嬉しいです。

ドミトリーのちょっと困った点としては、プライベートスペースは広いのですが、ひっかけたりするバーのようなものや荷物置き場のようなスペースがないということ。ハンガーもひとつしかなく、洗濯すると「どこに……干そう……?」となってしまいます。ガッツリ長期滞在するのにはやや工夫が必要。

商店街の中にあり、周りに気になるお店いろいろ

建物1階のカフェとレストランもかなり使えるのですが、商店街の中にあるので、周辺に気になるお店もたくさんあります。

f:id:tamura38:20200723100855j:plain

唐津にきたらぜひ食べてほしい「唐津バーガー」のお店

f:id:tamura38:20201222080142j:plain

ミシュランに載ってる豆腐屋さん

f:id:tamura38:20201222080708j:plain

2,000円〜のリッチな朝ごはんがいただけます。ざる豆腐や油揚げがおかわり自由で、焼き魚やお刺身のついたコースもあり充実してます。KARAEに止まってる人が続々と食べにきてました。完全予約制。

f:id:tamura38:20201223115131j:plain

駅近くにあって「これは絶対美味しいお店」と思って入ったらやっぱりおいしかった「れんが亭」。唐津産のもち豚を使った豚しゃぶやとんかつ、生姜焼きなどがいただけます。ランチメニューがめっちゃお得で地元の人で混雑してました。

f:id:tamura38:20201225113945j:plain

ここも地元の人で賑わっていた餃子とハンバーグのお店、ももや。ハンバーグは食べたことのない不思議食感で癖になります。

唐津の城下町がなんか素敵なんだな。

f:id:tamura38:20201224165630j:plain

唐津はこじんまりとした城下町で、徒歩で見どころを見て回ることができます。そのこじんまり感が、なんだか自分にはフィットしました。

f:id:tamura38:20201224172558j:plain

f:id:tamura38:20201224173715j:plain

ちょっとうろうろ散歩するだけでも、古いものが割と唐突に残っていたりして素敵です。

f:id:tamura38:20201224173224j:plain

曳山展示場のとなり、超立派な市民会館前にある立体地図で、昔と今とが比較できておもしろいです。お城から市役所までの武家屋敷街、KARAEのある町人街のあたりまで、ほとんど町割が昔と変わってないんですよね。

時間があれば、呼子の朝市や「七ツ釜」を観に行くのもおすすめ。呼子まではバスでも行けます。

 

温泉は、呼子にもありますし、アニメ「ユーリ!!! on ICE」の聖地になってるらしい日帰り温泉もあります。

daibanoyu.jp

kagamiyamaonsenchaya.com

 

まとめ

  • 建物めっちゃ綺麗!ベッドフカフカ!綺麗めならドミトリーでもOK、という一人旅&ワーケーションにおすすめ。
  • 自炊はできないので外食&飲み歩きの好きな方向きかも。
  • ドミトリールームはコンパクトな部類でシャワールーム隣接なので、混雑するシーズンは注意。音が気になる人は個室を選んだ方がいいかも。
  • 唐津の街はなんだか魅力的で個人的にはフィットするため、すでにリピート利用しています。福岡からアクセスが良いのも、選びたくなるポイントかも。

 

都会すぎず、田舎すぎずなところでのんびりワーケーションしたい方にぜひ。

 

ADDress、HafHでも泊まれます。

ADDress【公式】定額住み放題 多拠点生活プラットフォーム

HafH

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0