成田空港第3ターミナル、国際線のセキュリティエリア内には売店がないのでご注意ください

2017年の台湾旅では、成田空港第3ターミナルからバニラエアでの出発でした。

もうすっかりおなじみとなった第3ターミナルなのですが、国際線は初めて。なかなか広いロビーで快適でしたが、おやつなどの買える売店はなかったので、注意しましょうという話です。

 

 

荷物検査の前に、ローソン、ドラッグストア、フードコートがあります(ドラッグストアはお値段お高め)

四国や北海道へ行くときに再三利用し、すっかり慣れっこの第3ターミナル。電車の駅からは離れていますが、東京駅からの格安バスなら、ターミナル直結でたどりつけます。

 

www.dekirutabi.tokyo

 

 

DSC01557.jpg

DSC01558.jpg

セキュリティエリア手前にはローソン、本屋さん、ドラッグストア(お値段お高め)、お土産物屋さん。

 

 

DSC01559.jpg

リンガーハット、フレッシュネスという、私のツボをつくフードコート。

 

国内線と国際線は、荷物検査の時点で分かれ、国際線には「液体物の持ち込み制限」があります。

DSC01561.jpg

国内線と国際線は、荷物検査の時点でべつべつになります。

国際線の荷物検査では、「液体物の持ち込み制限」がありますのでご注意ください。

ペットボトルのお茶や、コップに入ったコーヒー、ヨーグルトのような液体状の食べ物などは、一切持ち込みができません(逆にいうと、国内線の場合は検査はあるもののペットボトルも持ち込めます)。

 

LCCの場合は、機内での軽食や飲み物は有料です。

荷物検査、出国審査が終わったら、とりあえず飲み物ぐらいは入手しておきたいところですが、さて、お店はあるんでしょうか。

 

荷物検査後、国際線のセキュリティエリア内にあるのは免税店、カフェ、飲み物の自販機のみでした

DSC03103.jpg

じゃーん。初めて入った、第3ターミナル国際線のセキュリティエリア。おお、化粧品や香水の免税店はけっこう充実してるんですね。

 

DSC03104.jpg

この謎のAKIHABARAっていうお店、羽田でもみました。電化製品の買い忘れにわりと便利です(SDカードとか。高いけど)。

 

DSC03105.jpg

そして、カフェも。よく見るとカレーのようなオムライスのようなメニューも見えますね。お酒もあるっぽい。

 

セキュリティエリア内にあったお店は、以上です。おお、そうなのかー。飲み物とかおやつとかが買えるキオスク的な売店はナシ。

 

DSC03108.jpg

さらに進むと、自販機がいっぱいあるコーナーにきました。

 

DSC03112.jpg

Suicaが使えるものもあります。値段は、お茶の500mlで160円と、それほど高くはありません(やや高いけど)。

 

搭乗口前の待合席は広くて快適です。電源、WiFiもあり。

DSC03109.jpg

各搭乗口はひとつ下のフロアになっていて、エレベーターか階段で降りられます。

 

DSC03110.jpg

ごろ寝できるソファがいっぱいで快適。

 

DSC03111.jpg

もちろんWiFiが使えて、電源コーナーもあります。みんな日陰側に寄っているのは、日向がめちゃくちゃ暑かったからです。

 

DSC03113.jpg

すごく開放的で気持ち良い空間なんですけどね。

 

そういうわけで、第3ターミナル発着の国際線LCCで、機内での飲み物が必要な場合は、カフェでテイクアウトするか、自販機で購入することになりそう、というレポートでした。