仕事用バックパックの最終兵器、ポスタルコの「スリーパックLT」導入。カメラとPCを両方持ち歩くのが苦にならなくなりました

仕事用にパソコン、一眼カメラ、替えレンズ、そのほか書類など……諸々をストレスなく持ち運べるバックパックを長年探していたのですが、今年「最終兵器」と呼ぶべきリュック、ポスタルコの「スリーパックLT」を導入。リュック探しの旅に終止符を打ちました。

最初に書いておきますが、「スリーパックLT」は、定価で8万円(税抜)という価格帯のバックパックです。最初に欲しいな〜と思って値段を見て「ファ!?」となり(今まで私が買っていたバックパックは1万円未満がほとんど)、1ヶ月ぐらい悶々とした末の購入だったのですが、後悔はしていません。

半年使って「良いな〜」と思った部分をまとめます。

 

スリーパック LTpostalco.com

 

 

f:id:tamura38:20200806214353j:image

 

ポスタルコ「スリーパックLT」のココがいい

カメラを持つか、PCを持つか?問題に終止符を打つ「スリーパック」構造

今まで外で仕事するときは、「パソコン仕事」か「取材仕事」かで持ち物を変えていました。理由は、

  • バックパックにごちゃごちゃ入れると取り出しにくくてパフォーマンスが下がる
  • 重くなるとベルト部分の耐荷重に不安がある

から。

なので、今日は一眼をもっていこう、とか、今日はMacBookを持っていこう、とか、替えレンズを持つかどうかとか、モバイルバッテリーを持つかどうかとか、MacBookの電源を持つかどうかとか、書類ケースを持つかどうかとか、考えることが山ほどあって、そしてだいたい「あ、やっぱりアレ持ってくるべきだった……」と後悔するパターンでした。

ポスタルコの「スリーパックLT」を買ってからは、その問題が激減。なぜなら、常に全てを入れて持ち運んでいるからです。自分の中では「持ち歩く事務所」と呼んでいます。

f:id:tamura38:20200806214525j:plain

前面のポケットが大きくて、上下に2つついているのが最大の特徴。

f:id:tamura38:20200806214508j:plain

こんな感じで1つのポケットにカメラ(α7)とレンズ、もうひとつにそのほかガジェット類を入れています

f:id:tamura38:20200806214515j:plain

一番大きいメインポケットにはPC用のスリーブがあり、クッション性もあるので安心してパソコンが持ち運べます

※前面のポケットにはクッション性がないのでカメラやレンズはクッション性のあるケースに入れて収納しています。

信頼感の半端ない革製ベルト

f:id:tamura38:20200806214455j:plain

スリーパックLTのもうひとつの特徴は、ショルダーストラップのポスタルコ独自の「ブリッジ構造」。背中とバックパックの間に隙間ができない仕組みということで、かなり重くなってもしっかり背負えます。

f:id:tamura38:20200806214536j:plain

ショルダーストラップや、上部についているハンドルは全て革製で、安心感が半端無い。荷物入れすぎてストラップ切れて使えなくなったバックパックもいくつかあったのですが、これに関してはそういうことも起きなさそう。使い込むほど手に馴染む感じがします。

背面の小ポケットがすごくいい

f:id:tamura38:20200806214340j:plain

フロントポケットは2つとも大きめなのですが、それとは別に、上部のハンドル横に小さなポケットがついていて、これがすごく便利です。お財布とスマホを入れておくのに最適サイズで、他のものに紛れることもなくスッと取り出せて気持ちが良いです。

ポスタルコ「スリーパックLT」のココに注意

そこそこ大きめ

これに荷物を満載して担いで仕事先に行ったりすると、「荷物、重そうですね」と言われるくらいにはそこそこ大きいです。

あと、普通に荷物を入れていて10kgを超えてくるので、飛行機の持ち込み手荷物の重量制限には注意です。

 

f:id:tamura38:20200806214415j:plain

 500mlペットボトルと比較してこのサイズ感。普通のA4リュックよりだいぶ「縦に長い」です。

防水ではないのと、黒は汚れが目立つかも

撥水加工のある独特なナイロン地なのですが、防水性能はそれほど高くないです。雨の日普通に背負ってると普通に濡れます。あと、黒はホコリや汚れなどがついて目立ちやすい素材なので気になる人は他の色がオススメかも。

 

自立しないときがある

カバンを床に置いていると、フロントポケットのバランス的に自立しない時があります。特にカメラを取り出して使っているときなど。足で挟むなど工夫は必要。

 

 

このバックパックを買ってから、「なんかいい感じのリュックないかなー」ってハンズをうろついたりすることがなくなり、本当に「最終兵器」という感じ。10年ぐらいは使い込むぞ、と思っています。

 

スリーパック LTpostalco.com

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0