できるだけがんばらないひとりたび

持たない暮らしと旅のアイテム

軽くて薄い、キルティングコート・ブルゾンが冬の旅で活躍中

以前、冬の旅では分厚くてかさばるコートを着ないで重ね着で乗り切るという話を書きました。

 

www.dekirutabi.tokyo

 

旅に持っていくコートは、持ち運びがしやすくて疲れない、とにかく軽くて薄いものがいいよーという話で、もう重くてかさばって肩がこるウールのコートは1枚も持っていません。

 

アウターで、あまりにも気に入って何枚も持ってるものの特徴をまとめるとこんな感じになります。

 

  • 軽くて薄くてあったかい素材
  • ノーカラー
  • ハーフ丈
  • オーバーサイズ、オフショルダー

 

 

一番気に入って、ちょっと近所に行く時にはおったり、どんな旅でも着ていくのがこちらの note et silence のエヴォダウンのコート。

エヴォダウンというのは、リサイクルペットボトルを使った素材らしいのですが、軽くて薄くてあったかく、とてもいいです。

ただ、note et silence 、大好きなブランドだったんですけど終了してしまっていて古着でしか買えません……。

 

似ているものだと、「キルティングコート」とか、「キルティングブルゾン」で検索すると、求めてる感じのものが出てきます。

 

裏地にボアがついていてリバーシブルで着られるものとかもありますが、温度調整のしやすさ、持ち運びしやすさでいうと、ボアではないやつのほうがいいです。

 

その代わり、極寒の北国とかに旅に行くときは、これだと寒いので、中にフリースを着込むとよいです。ユニクロでもモンベルでもよし。

 

真冬にバイクに乗る時や、北海道で雪にまみれたりするときはさすがにキルティングコートでは対応不可能なので、フリースの上に防風防水性能のあるハードシェルジャケットを着ています。

 

足元の防寒はヌプシブーティで決まり。 

旅に持っていくコートは、持ち運びがしやすくて疲れないとにかく軽くて薄いものがいいよーという話でした。

presented by 東京エスカレーター / CC BY-NC 4.0