旅行での着まわしと動きやすさを最優先にした私の「定番10着」(2018年版)

月に1度かそれ以上の頻度で旅に出ており、ふだんの通勤服もかなり自由、という私の今のライフスタイルでは、服を選ぶ基準がどんどん「旅行での着まわし最優先」になっています。

その中でも、特に気に入って自分の中で「定番」になっている、あるいは定番にしたいアイテムをまとめてみました。

基本のルール

基本的には都市部をめっちゃ歩きまわる〜若干アウトドア寄り、という旅行の多い私が着まわしを考えるとき、優先するルールはこんな感じです。

動きやすいこと

特に手足の関節部分にゆとりのあるスタイルの服が好きです。気がつけばトップスもボトムスも紹介する全ての服がゆったりタイプでした。オーバーサイズやメンズサイズを買うことも多いです。

汚れに強い、洗濯しやすいこと

汚すのがためらわれる服だと行動に制限が出るため。基準としてはその辺の道端に直に座ってもそれほど気にならないぐらいの服。

定番で手に入る、スタンダードなスタイルであること

これは結構大事で、「この服は、定番(になりうる)か?」と問いかけながら服選びをすると、流行りに左右されず、ユニセックスでスタンダードな服が多くなります。

どんな国、どんな場所に行ってもあまり浮かず溶け込めることも、旅のスタイルでは大事かなと思っています。

 

これらを満たすと、必然的にユニクロ無印良品、アウトドアブランドのものが多くなるのですが、この夏を乗り切った5着、これからのシーズンを共に過ごしたい5着はこんな感じ。

 

定番10着(2018年版)

1. ユニクロ クロップドクルーネックT

www.uniqlo.com

ゆったりシルエットでシンプルなTシャツを探していて見つけた1枚。色違いで2枚買って、同じデザインだと思っていたら1枚はスタンダードシルエットのものを間違えて買っていて、圧倒的にこちらのクロップドの方が着心地がよかったので、来年、絶対買い足す、と思ってるものです。

普通のスタンダードシルエットのものでオーバーサイズのを買うと、どんどん着丈が長くなってアンバランスになるんですが、これは着丈は短く袖周りと胴回りがゆったり、というタイプなので女子が着ても様になるんですね。そして動きやすいし汗もすぐ乾いて涼しい。

とか言いながら1着目から、オンラインにも店頭にも既に在庫がないんですが……来年復活して定番化してくれることを切に望みます。

2.ヂェン先生の日常着 カットソー ショート

ライフスタイルショップのCLASKAから、夏の定番として出ている台湾人デザイナーヂェン先生の日常着シリーズ。ユニクロのクロップドTシャツ同様、着丈は短いのにめちゃくちゃゆったりなシルエットが最高に良いです。綿麻素材でさらっと着こなせます。

3.ヂェン先生の日常着 ビッグブラウス

襟付きのブラウススタイルもあり。きちんとして見えるのに普通のTシャツ着てるよりさらにゆったり過ごせるのが最高。

4.ヂェン先生の日常着 クロップドパンツ

パンツやスカートも同じ綿麻素材でいくつかのスタイルがあるのですが、旅行にはクロップドパンツが超おすすめ。同じ綿麻のワイドパンツを他にも持っていたのですが、裾が汚れやすい、ウエストの紐が脱ぎ着するときに面倒、ということがあり。

このクロップドパンツだと、ウエストは適度なゴムのみ、ちょうど良い丈になっていて、動きやすさ抜群でした。 

5. グラミチ STショーツ(暫定)

アウトドアブランドのショートパンツは、レディースよりメンズのスタンダードなシルエットのものが好きなんですが、グラミチのSTショーツは、その名もST=「スタンダード」という意味なんだそうで。着丈が長めで、マットな質感、シンプルな色合いなので、真夏の普段着としても十分使えました。

ただ、他のブランドでもいいのはある気がするので暫定。

6. 無印良品 オーガニックコットンストレッチデニム ワイドパンツ(暫定)

www.muji.net

秋冬のパンツは、ほぼデニムでいいと思っているタイプなんですが、上にゆったりしたものを着るときワイドパンツを合わせるとしっくりきたので導入。インディゴとネイビーとブラックがあって、ネイビーとブラックを買いました。

しかしこの前買ったばかりなのにこれもネットで品薄になっている……ワイドパンツ、下にタイツやレギンスを仕込んだりと防寒面でもすごく良いのでいろんなブランドで定番化してほしいです。

7. Urban research ROSSO リラックスレギュラーカラーシャツ(暫定)

www.urban-research.jp

秋冬用のこれまたゆったりシルエットのシャツで定番になりうるものをずっと探しています。去年はStudioClipのゆるゆるシルエットのシャツをいくつか着まわしていたのですが、今年はよりシンプルなものが良いなと思いメンズシャツで試してみようかと。

8. ユニクロ フリースノーカラージャケット

www.uniqlo.com

旅行にもがんがん使い倒せる秋冬素材と考えると、ニットよりもフリースを選びたいところなんですが、パーカーだとカジュアルになりすぎるので、ユニクロのノーカラージャケットを選択。

GUにも似たようなのがあるんですが、ユニクロのボアフリースはボコボコしてなくて丈も短めなので、さらっとコートのインナーで着られるのが目的に合っていてとても良いです。

9. ショートモッズコート

上にあげたのはまた別ブランドなんですが、秋冬、それに春先のほとんどの季節を、5年ぐらい前に買ったゆったりシルエットのショートモッズコートを着て過ごしていて、あまりの楽さに他にコートとか買ってもあんまり着てないです。

10. ユニクロ ダウンロングコート

www.uniqlo.com

これも、私が買ったものとは別スタイルのものですが、ユニクロのダウンはなんだかんだ優秀で、真冬の北海道とか雪国とか気合いを入れていかねばならないときには軽いしあったかいしでやっぱり選んでしまう。自分の中では最終兵器と呼んでいます。

番外

カバンにつっこむパーカー類

上記の着まわしにプラスして「なんかあった時のために」予備でカバンにつっこんでおくパーカーです。大抵、なんかあるのですごく使います。

ユニクロ ポケッタブルパーカー

www.uniqlo.com

夏の日焼け対策、電車や飛行機内の冷房対策に1枚あると便利。入れたことを忘れるぐらい軽い。

THE NORTH FACE コンパクトジャケット

小雨の時とか思ったより寒かった時とか、着替えが足りなくなった時とか何にでも使える。マットな質感で街着にしても違和感ないです。

ユニクロ ウルトラライトダウンシームレスパーカ

www.uniqlo.com

個人的にトップスに関してはヒートテックでの体温調整があまり好きではない(汗が引かない感じがする)ので、その代わりとしてウルトラライトダウンはめちゃくちゃ多用してます。

モンベル レイントレッカー ジャケット

簡易的にも雨具があると何かと便利。

インナー類

一番最初に「旅を意識して」買い換えたのはインナー類だったため、システムがほぼ完成されつつあります。インナーは、旅行の日数に1枚ずつプラスして持って行くのがおすすめ。長い旅程の場合、洗濯はせず古いのを持って行って捨てちゃいます。

ユニクロ エアリズムブラタンクトップ

www.uniqlo.com

ブラタンクトップに手を出したらもう2度と元には戻れない。楽すぎる。お腹が冷えないのでとても良いです。個人的には年中エアリズム派ですがヒートテックバージョンもあります。

無印良品 オーガニックコットンストレッチクルーネック長袖Tシャツ

www.muji.net

冬のインナーとして。長年ヒートテックを着てましたがいまいち相性が良くなかったので無印のこちらに乗り換え。肌触りや、ストレッチ感がすごく良くてリピート買いしてます。

ユニクロ リブハイネックT(長袖)www.uniqlo.com

真冬のインナーとして。タートルネックだと首回りがモタモタするのが嫌だったのですが、すごくちょうどいい長さのがユニクロから出てホクホクしています。リブの素材感もさらっとしていてインナーにちょうどいい。

無印良品 オーガニックコットン混ストレッチハイライズショーツ

www.muji.net

ショーツに関しても、長らくローライズを着用してお腹の冷えに苦しんでいましたが、ハイライズでいいんだ、と気づいてから快適。ブラタンクトップを常に着てれば、パンツからのはみ出しも気にしなくて大丈夫です。

 

無印良品 スポーツスニーカーインソックス

www.muji.net

ユニクロにも同じようなのが3足1000円であるのですが全然モノが違ってね…俄然こちらがおすすめ。

無印良品 オーガニックコットン混足なり直角 厚地パイル靴下

www.muji.net

冬用の厚手靴下のシンプルなのも、ずっと探してたんですが無印にあります。

帽子

帽子も、夏、冬、どちらも必携です。アウトドアブランドのものが携帯性に優れてるかなと思います。

コロンビア ブーニー

これも、アウトドアブランドならばどこでも出してる帽子ですが、UVカットとか防水とかいろんな機能、いろんな色のものがあって私はコロンビアのが好き。

コロンビア ウィンターチャレンジャートラッパー

冬の帽子は防寒目的で必須です。耳当てつきの帽子があるとすごく捗ります。

靴は旅行時の服装で最重要と言っても過言ではないですが、全世界的に超ど定番なものが決まっていてそれしか履いていないというような状態になっています。

ビルケンシュトック Tokio

ビルケンシュトックを履き始めてから、他の靴が履けなくなってしまったのだと思います。疲れなさが全然違う。それと、裸足で履いても全く蒸れないのがすごくて、年がら年中お世話になっています。

今履いているのは、定番のボストンにバックストラップがついたモデルで、旅先でハードに動きまわっても安心で気に入っています。

KEEN ウィスパー

アウトドアするならKEEN一択というような噂を聞いて今年から導入したんですが、本当でしたね。ただ、ビルケンに比べて蒸れやすいので靴下併用がおすすめ。ウォータープルーフで、雨の日に何にも気にせずに歩けるのはかなりのアドバンテージ。

THE NORTH FACE  ヌプシブーティー

こちらも評判がめちゃくちゃ良くて、UGGのムートンブーツから去年乗り換えました。たまに他のブーツを履くと足先の寒さに悲しくなるぐらいだったので、もうこれしか履けない。

 

パジャマ

ユニクロ リラックスブラワンピース

www.uniqlo.com

旅にパジャマを持って行くか?答えはイエス。1枚で寝られてちょっとコンビニぐらいまでも行けなくもないブラワンピース、めちゃくちゃ使える子です。店頭で半袖タイプもあったはず。

 

 

その他、旅の持ち物まとめはこちらなど

www.dekirutabi.tokyo

 

このブログで紹介した中で一番売れまくっているバッグです

www.dekirutabi.tokyo